妊娠中のカラーや市販のシャンプーで羊水の色や匂いが変わる!?

美容室でたまーに聞かれる質問です。

妊娠中はどうしてもナーバスになりやすくて、赤ちゃんの事が心配な余り色々な情報で不安になりやすいですよね。

美容室でたまに聞かれる、妊娠中や授乳中のヘアカラーは危険?市販のシャンプーを使ってると母乳や羊水の匂いが変わる?ヘアカラーも羊水に浸透して赤ちゃんが危険!?

等にお応えします。

ヘアカラーは危険!?

これは一番多いように感じます。

ヘアカラー剤が体に浸透して羊水に溜まって赤ちゃんに影響が出るの?とかよく聞かれます。

ヘアカラー剤は体に浸透するような性質はありませんよ。

浸透する?っていうのがどういう原理で言ってるのか良くわからないですが、まったく心配いりません。

ヘアカラーは髪に作用する成分で、そのままでしたら頭皮に残留アルカリが残ることがありますが、心配な方は炭酸シャンプーとかをして頂くと綺麗になります。

残留アルカリも体内には浸透しません。

あくまでpHの問題で、身体の表面は弱酸性なのに対して多くのヘアカラーはアルカリ性なのでダメージのもとになります。

妊娠中、授乳中共に全くご心配いらないので普通に来て頂いて大丈夫です。

唯一心配なのが、つわりです。

ヘアカラーやパーマ剤などの薬品の匂いが充満しているので、つわりで臭いに敏感な時期はやめた方が良いと思います。

単純にしんどいと思います。

市販のシャンプーは危険!?

これも、市販のシャンプーは浸透しやすくて体内に入りよ、羊水の匂いが変わって赤ちゃんに影響する。

って心配されている方がいます。

どうも身の回りの誰かに言われるようで、さきほどのカラーの件もですがお医者さんに聞いてもそんな症例聞いたことも無いと言われます。

おそらく、カラーやシャンプーで不安をあおって最終的に何かを販売したいのでしょうか?

目的が良くわからないのですが、シャンプーもカラー剤も飲み込まなければ大丈夫です。

パーマも危険!?

パーマも大丈夫です。

そもそも大丈夫なうえに最近多い、デジタルパーマに関しては頭皮に付けることがありません。

頭皮にもつかないのに浸透も何もあり得ませんよね。

浸透しませんし。

コールドパーマ等の液体も、ついても浸透しません。

大丈夫です。

先ほどの説明のつわりの時に、アンモニア臭が大丈夫か心配になります。

トリートメントも危険!?

全く問題ないです。

浸透しません。

まとめ

大丈夫です。

浸透しません。

体内に蓄積されません。

元々、日本の薬品などを最終的に許認可を出している所は『厚生労働省』です。

病院などで使われる医薬品も日本はかなり安全のハードルが高くて副作用の問題など、十分にクリアーできないとなかなか使えないです。

海外で許認可が出ていて、一定の効果が認められていても日本では許認可が下りない。

というのも良くあります。

その『厚生労働省』が問題ないと言っている範囲の薬品なので、間違いなく安心してください。

美容室で使われる薬品を研究開発して頂いている方たちも、とても優れた方たちで例えば薬品を飲み込んだりなどの間違った使い方をしない限りは、安心して使って頂けます。

記事一覧