美容師との会話が苦手な方はこうすると大丈夫です

美容室での会話が楽しみなお客様もいらっしゃれば、苦手・緊張するという方もいらっしゃいます。

美容師も仕事上初めてのお客様はどんなお客様か知るためにも、色々会話を振ってしまいます。

ヘアスタイルを決める上での最低限の会話は大丈夫でも、プライベートはあまり話したくない方も多いと思います。

お客様の中には、お客様の方が美容師に気を使って頑張って会話をして頂いている方もいらっしゃるので、もし苦手な方や今日は静かに過ごしたいな。

という方は、こんな方法で接してみて下さい。

最初のスタイルを相談する時は会話をお願いします

ご来店頂いて、今日のヘアスタイルのご相談だけはしっかりとさせて下さい。

これはどうしようもないです。

例えば担当者を指名して頂いていてなおかつ、今まで何度もご来店頂いていて指名の担当者に任せる。

というオーダーでいつもされていたりする場合は、そんなに話さなくても大丈夫だったりします。

ホットペッパーでのご予約で事前に伝える方法

ホットペッパーでご予約いただくときに、ご要望を記入できるスペースがあります。

スタイルの希望であったり、読みたい雑誌を事前に伝えて頂いたり、静かに過ごしたいとか楽しく過ごしたいなど、事前にサロン側に伝えることが出来ます。

静かに過ごしたいときは、そこに出来るだけ静かに。

的なご要望を記入して頂ければ、最低限の会話ぐらいしかしません。

スタイルの確認だとか、頭皮いたくないかな?とか気遣い面のコミュニケーションぐらいになるのでかなり対応が変わってくると思います。

電話予約で伝える方法

お電話でご予約いただくときにも、事前にお好みなどを伝えて頂けるとご来店頂いてお名前を確認させて頂いたら、どういった方かすぐにわかるので美容師側も助かります。

男性が苦手な方は、女性希望等を伝えて頂けると、指名スタッフをご案内したりできる限り事前に手配できます。

事前に伝えていないけど行ってから静かにしたい

前日まではそんな気分じゃなかったけど、朝から静かに過ごしたい雰囲気の時はがっつり雑誌を読みふけってもらうか、携帯電話で誰かとラインなどをされていたりするとあまり話しかけません。

あとは、静かに眠るかですね。

あんまり熟睡されて、頭ががくんがくんと揺れると危ないので起こしますが、静かに目を閉じていられると『静かに過ごしたい』と美容師にも伝わります。

もし店内が忙しくなければシャンプーもゆっくりめにマッサージをしっかりして、少しでも疲れをとって頂こうとすることもあります。

静かに接客する美容師を指名する

何回か指名しないで行ってたりする美容室だと周りを見ていたら、よく話す美容師とか静かに接客している美容師とかよく見えてくると思います。

それを見ておいて、次回のご来店の時に美容室のスタッフ紹介ページから担当者の名前を調べて指名しておけば、大丈夫です。

担当させて頂いたことが無いスタッフも、指名頂ければなんでだろう?

っと逆に興味が出てくるかもですが、指名頂いてないお客様よりは気持ちの面で、より大切にしよう。

と思ってしまいます。

美容師も人間なので、選んで頂ければどうしても嬉しくて今まで以上に頑張ってしまいます。

まとめ

美容師もお客様も本当にそれぞれです。

チャラチャラしたスタッフが好きなお客様もいらっしゃいます。

みなさんそれぞれなので、自分に合ったスタイルを提供してくれるスタッフを選んで頂いたり、自分が快適に心地よく過ごせるスタッフを選んで頂けるとお互いにとって過ごしやすいと思います。

自分にあったスタイリストにめぐり合えるといいですね。

記事一覧