髪を傷めないシャンプーの仕方とは

シャンプーって基本、毎日してもらうと思います。

でも適当にあらうとそれだけで髪も傷んでしまうので、ちょっと知っておいてもらうだけで簡単に髪の状態も良くなって毎日のお手入れや仕上がりに、ぐっと差が出てきます。

簡単に出来る事なので、ちょっと目を通しておいてくださいね。

まずは湯せんでしっかり汚れを浮かす

実はシャワーなどをぬるま湯でしっかり流すだけで髪の汚れの7~8割は落ちます。

髪質にもよるので何分とは決めれないですが、40℃以下のシャワーで頭皮からしっかり濡らして毛先まであまりごしごしこすらないように気をつけましょう。

2~3分程で髪が柔らかくなってくると思いますが、それが目安です。

頭の上の方から、首側までしっかりと湯せんをしてからシャンプーすることで効果的に汚れを落とせます。

しっかりとシャワーなどで事前に流しておくと、シャンプーの使用量も少なくてもしっかりと泡立ちます。

いつもなかなか泡立たなくて困っている方は、今まで以上に少し長い時間流してから少ないシャンプー剤で泡立ててみて下さい。

半分ぐらいの量でもしっかりと泡立つはずです。

適量を手に取って少し泡立てます

手に取ったシャンプーをいきなり頭皮に付けるのはあまり良くないです。

一度手に取って、軽く泡立ててから頭皮に付けましょう。

毛先からつけると上手く泡立たないので、使用量が増えるからです。

シャンプーに少しお湯を足して空気を入れるように泡立てると上手く泡立ちます。

しっかりと泡立てた状態は、泡が髪と髪の摩擦を防いでくれるのでシャンプーで傷むことが無くなります。

濡れた状態の髪は、思っているよりももろくて弱いので優しく扱ってあげてください。

根元からしっかり泡立てたら一通り頭皮を優しく指の腹部分でこすったり、マッサージをしてから毛先まで泡を伸ばしていきます。

毛先はこすらなくていいので、かるく揉むぐらいで十分です。

シャンプーの時にしっかりと頭皮をマッサージしておくと、頭皮の血行が良くなって頭皮環境が整い薄毛対策にも有効です。

毎日少しの時間で良いので、習慣で続けていくと1ヶ月2ヶ月としてくると結果が出てきます。

抜け毛で悩んでいる方は一度試してみて下さい。

出来れば半年以上続けると確実に成果が分かります。

シャンプーはしっかりと洗い流します

頭皮にシャンプー剤が残るとフケやかゆみの原因になります。

なので頭皮からしっかりと洗い流して、泡が出なくなるまで続けます。

3~4分頭皮からしっかりと洗い流しながら、しっかりとシャンプー剤を流してください。

あまりごしごしこすると傷む原因になるので、指の先で優しく頭皮をこする感じで洗い流します。

すこし髪が締まってきたら大丈夫です。

洗い流したら、忘れずにトリートメントもしましょう。

トリートメントは頭皮に付けない

たまに頭皮からつける商品がありますが、基本付けないです。

ショートヘアの方は根元を10cm程空けて、ミディアム・ロングの方は紙の中間から毛先にかけてつける感じにしましょう。

指を通しながら付けた部分全体になじませたら、2~3分置くかダメージが気になるときはホットタオルなどでくるんで5分程置いてから流します。

トリートメントは頭皮には残らないよう、髪には少し残ってるぐらいで仕上げましょう。

あまりしっかり流しすぎると、せっかくのトリートメントが落ちて意味なくなってしまいます。

お客様にもいらっしゃいますが、せっかくサロン専売品の高価なシャンプートリートメントを使って頂いても、なぜか髪がキシ付いていたりされる方に聞くと、少しでも残っている感じが気になってしっかり流してしまうそうです。

トリートメント剤は残っていても悪いものでは無いです。

残しすぎるとドライヤーの時に、質感が重くなったり乾かなかったりしますがその加減は色々試して覚えてもらえると嬉しいですが、ドライヤーで乾かした後にベトつかない範囲で残す感じがいいです。

この加減を上手くしてもらえるだけで、かなり髪のダメージが変わってきます。

シャンプートリートメント剤の本来の効果をしっかりと出して使ってくださいね。

お風呂からでたらすぐに乾かします

お風呂から出たら、お顔に化粧水や乳液などメンテナンスをしてから髪をタオルでくるんで休憩。

ていう方が結構多いと思います。

いきなり乾かしても時間がかかるし、腕が疲れますよね。

楽な気持ちは凄くわかります。

でも、凄く残念なことにカラーの色もちや髪の質感、パーマのウェーブなど急激に落ちていく理由がこの『濡れたまま』いることがかなり重要なんです。

濡れてる間に、カラーの色素やトリートメントなどの成分・髪本来の油分が流れていきます。

タオルでしっかりと水分を拭きとって、出来るだけ早めに乾かす方が色もちも手触りもずっと良くなります。

ちょっと面倒かもしれませんが、かなり髪質がかわるすごく大切なことなんです。

ドライヤーもサロンで使っているようなドライヤーだと乾かす時間も半分ぐらいで済みますよ。

少しのお手入れで、1ヶ月後、2ヶ月後の髪がすごく良くなるので無理なく出来る範囲でしてみてくださいね。

記事一覧