市販のカラー剤とサロンのカラー剤って違うの?色味?ダメージ?

市販で売ってるカラー剤と美容室のカラー剤って何が違うの?って思いません?

だって、両方染まると言えば染まるし、ただ値段がぜんぜんちがうのと美容室のカラー剤は一般的に手に入らないからなんで違うのか疑問に思う方もいると思います。

簡単にわかりやすくそろぞれの違いを上げていきます。

市販のカラー剤の特徴

市販のカラー剤はもちろん一般的に美容師ではない人が使う目的で作ってあります。

もちろん薬剤を均一に髪に塗ることが出来ないので多少の量の付けムラが出来ます。

ちなみに美容室のカラー剤は頭全体をとらえて、染まりにくい所染まりやすい所で、薬剤の塗る量を変えています。

染まりにくい所は少し多めに、染まりやすい所は少なめにしてます。

さらに塗り始める順番も染まりにくい所から塗りだして、染まりやすい所を後に塗って。

他にも色味によって実はいろいろありますが、 市販のカラー剤はそんなことが出来なくてもある程度均一に染まるように調整してくれています。

なので皆さんがわしゃわしゃ塗ってもある程度均一に近く染まるようになっています。

ただし、、、

皆さんの髪の状態に合わせて薬剤を調合しているわけでは無いので、 全く染めたことのない染まりにくい髪も何回も染めてて結構明るくてしかも傷んでる髪も同じ薬剤で染まるようにするために、結構強いパワーで染まる薬剤に調整してあります。

既に明るい髪の方からしたら、不必要にダメージをしてしまいます。

その分残留アルカリも強く残るので、匂いが気になったりギシついたり色落ちが早かったりもします。

あと、市販のカラー剤は時間をおけば置くほどしっかり染まるような特性がありサロンカラーよりもモノによっては明るさのムラを見えにくくするために染料濃度が少し濃くて落ちにくいものもあります。

サロンカラーの特徴

美容室でのカラー剤はかなり繊細な作りです。

お客様の来られた時の髪の状態から、仕上がりご希望の色味に対してまず明るさと色味の足し算引き算をします。

そして必要な明るさや濃さの薬剤の1剤と、必要なパワーの2剤を混ぜて作ります。

2剤もメーカーによって上限値はありますが様々なパワーのモノがあるのでお客様の髪の状態に無駄にダメージをさせないで出来るだけしっかりと染まるように調整しています。

さきほどの市販のカラー剤の特徴でも挙げていたように、サロンカラーは髪のダメージレベルによって塗る量や塗り始める順番や色味等、いろいろ調整しています。

結果均一に綺麗に出来るだけダメージを抑えて染まります。

あと、色味などによっても薬剤を塗ってからの置く時間も計算しておいてます。

なのでもしかしたら時間に几帳面な方は、薬剤を塗ってから置く時間が行った日によって違う事に気づいてる方もいるかもしれません。

短時間で入りやすい色味と、時間をしっかり置かないと入らない色味などがあるからです。

さらに、Instagramなどでも綺麗な髪色の方を見たりするとおもいますが、 色味がすごく綺麗な発色をしているカラーの薬剤にもこだわりがあって、イルミナカラーやアディクシーカラー、スロウカラーやエドルカラー等々今までの薬剤では出にくかった、もしくは出なかった色味の発色が出来るようになってデザインの幅がかなり広がりました。

モノによってはブリーチしなくてもある程度さえ明るい髪であればブリーチしてから色味を入れたみたいなすごく透明感のある仕上がりも出来るようになりました。

また、今までどうしても染まらなかった濃い発色も出来るようになって、お客様のとっても選ぶ幅がかなり広がって来て、逆に迷うぐらいかもしれません。

他には、基本的には2ヶ月前後で厚木のカラーの邪魔にならない様に色味が落ちてくれるようになっています。

色もちが良すぎるのも問題に

お客様からよく、色がいつも落ちる等のお声があります。

確かにすぐ落ちすぎるのも、せっかく綺麗に染まったのならずっとそのままでいて欲しいですよね。

あまりに早いのなら、薬剤選定の問題や美容師側のなにかあったのか、もしくはお客様の普段お使いのシャンプーやお風呂上りに濡れたままで長時間放置していたりなど何かの要因を考えてしまいます。

ただ、色が落ちないでいると次のカラーの時に希望色に染めれない弊害も出てきます。

前回ピンク系でしっかり染めて、残ってる状態から今回明るめのアッシュ系にしたいとかになった時に、ピンクが邪魔してアッシュが綺麗に入らない等です。

暗く染めた後、その暗い状態から明るく染めるときに美容師さんが『ん~』って困ってたりします。

『残留色素』っていって、残ってると次のカラーが希望色に染めれないことがあるんです。

なので一部の色味を除いてメーカーの方も一定期間で残留しないで綺麗に色落ちするように作ってくれています。

なので、 『色落ちする』反面『色々なカラーを楽しめる』ようになっています。

まとめ

薬剤としては、美容室で担当の美容師さんとしっかり相談してもらって美容室の中で出来る範囲しっかりしてもらって、あとはサロンケアやホームケア次第でかなり色もちも変わってきます。

カラー用のシャンプーを使ったり、普段のこまめなお手入れでダメージも変わってくるし色もちも良くなってコスパも良くなると思います。

単純に髪が長い間綺麗で入れる方がお互いにとって嬉しいと思います。

色もち良くするならサロンシャンプー使った方が正直、良いのは良いです。

ネットで最近は定価より安く販売してたりもするので、一度試してみてもいいかもしれません。

記事一覧