前髪を自分で上手に切る方法 セルフカットのコツ

皆さん結構やってると思います。

前髪って、他の髪にくらべて伸びるの早く感じますよね。

美容師側も思ってて再来店して頂いた時にあれ?って思うぐらい伸びてる人がいます。

カラーをされてると、根元のプリン部分で前も後ろも同じ長さ分しか伸びてないことはわかるのですが、確実に前髪だけで何故か伸びてるように思います。

美容師によってはお客様が自分で前髪をカットされることにあまり良く思わない美容師も中にはいてます。

前髪のセルフカットを失敗しない為にも自分で前髪をカットしてもらう時に、注意してもらうポイントだけ知っていただければと思います。

上手に切るポイント まずはブロッキング

この時点で面倒だなと思われたらちょっと厳しいです(涙)

美容師側がカットさせて頂くときは、横の髪ともつなげて切りますが髪を引き出す角度などちょっと難しいと思うので、自分でカットして頂く範囲を最小限の範囲ですっきりして頂く方法です。

最初にクシで前髪をきちんとときながら、指で引っ張ったりしないで自然に髪が落ちた状態にして、『目尻』と『目尻』の間の髪だけをカットしていきます。

『目尻』の外側は、クリップなどで止めておきます。

この内側が、実際に目にかかって邪魔になる所なのでここだけに集中してカットしていきます。

目尻の外側は横の髪やおくれ毛につなげてカットしていくので、自分では切らない方が安全です。

いざカットする時に

いきなり切り出すとガタガタになるので、さきにクシで丁寧に整えます。

自然に綺麗に落ちた状態で髪を引っ張らずに、指で挟みます。

前髪を変に持ち上げて切っても、下に引っ張りすぎてもダメなんです。

いつも前髪が自然に落ちる状態の角度で切ると、ガタガタになりません。

また、ハサミを入れる方向は縦に入れた方が安全です。

美容師が使っているハサミはかなり切れ味が良く、簡単に指でも切ってしまうぐらいです。

ただ皆さんが切るときのハサミは、おそらくそこまで切れ味が良くないと思うので横に切ると切れなかった髪がハサミから逃げて斜めの前髪になってしまいます。

よくセルフカットしたお客様が『斜め前髪になってしまう』というのは、切り方もあると思いますが、使ってるハサミの切れ味が違う。

という理由もあります。

多少切れ味が悪くても、細かく縦にハサミを入れていたらガタガタも少し馴染んでくれます。

また、少しづつ切った方が調整しやすいと思うのでじぶんでカットする時は縦にハサミを入れましょう。

ちょっときもちの調整で

前髪のカットで最初は鼻の延長線上。

真ん中から切っていきます。

真ん中から両サイドに広がる感じで縦にハサミを入れていき、ちょっとコツ程度に『目尻』付近は数ミリ程度長めにカットします。

外側を少し切りすぎないで、長さを残すことでその外側に馴染みやすくなります。

実際に、この記事を読んで切ってみて頂いてどうでしょう?

今までよりは少しでも失敗しないで良い感じにカットして頂ければ嬉しいです。

最後にちょっと注意して欲しいのが『スキバサミ』と呼ばれるような、量を減らすハサミは使わないでください。

スキバサミって簡単そうに見えて、難しいんです。

入れる角度や挟む回数など、普通のハサミと違ってカットした状態が見えにくいのでついつい切りすぎてしまって前髪が大変な状態になってしまいます。

どうしても量が多くて絶対減らしたい!

という方は、前髪の毛先から1cm以内だけ!

挟む回数も1回だけ!

100%の仕上がりまではいかなくても、美容室に来て綺麗に直せる状態だけは残しておいて欲しいです。

自分で切りすぎてしまうと、足りないところはどうしようもないです(涙)

まとめ

どうですか?

上手に切れましたか?

最後の最後ですが、たまーにお客様で、仕事から帰って晩御飯の時にちょっとビールを飲んで、ふわふわいい気分で気持ちが大きくなっている時に前髪を切ってしまわれる方がいます。

100%凄い前髪でご来店されます(笑)

お酒に酔った状態では前髪は切らないようにしましょうね。

記事一覧