パーマの仕上がりが思ってたのと違う?あてなおしって言っても大丈夫?

もとの髪がまっすぐで、どんなスタイリングをしてもアイロンを使ってもすぐにもとのまっすぐな髪に戻ってしまって、スタイル写真のようなイメージになかなか出来ない。

毎朝のスタイリング時間を楽にしたいからパーマをあてようか考えてる。

そんな方にはパーマが本当におすすめです。

ただ、 中にはパーマをあててみたけど思ったようなイメージじゃない・ウェーブが出ない等でパーマのお直し、あてなおしってして貰えるの?

とお悩みの方がいらっしゃると思います。

うまく出せない時は是非お電話ください

そもそも、パーマをあてたい方のほとんどはまっすぐの髪の持ち主です。

パーマが上手くかかっていてもかかっていなくても、慣れていない人にはいきなり簡単に上手くはスタイリング出来ないものです。

なぜ?せっかくパーマ当てたのに?です。

パーマをあてても、朝起きてとかお風呂上りに何もしていなくても勝手に写真のような髪型にはならないんです。

イメージしているヘアスタイルにスタイリングしやすいようにパーマをあてさせて頂いているんです。

なので、それにあったスタイリングをする必要が出てきます。

初めてあてた方は特に、髪を扱うようになってから数年~十数年、人によっては数十年まっすぐの髪の扱いに慣れてて、ウェーブの扱いは初めてです。

ある日を境に急に髪の形状が変わったので、最初はだれでも慣れないです。

ご来店頂いて髪の状態を見させて頂きます

お電話いただきましたら、あたってるあたって無いにかかわらず、髪の状態を見させて頂いてかかっているけど上手く出せていないようでしたら、上手く出せるようなスタイリングのしかたを出来るようになるまで一緒に練習させて頂きます。

あたっていないようでしたら、申し訳ないですがお時間を頂いてもう一度当てさせて頂きます。

カラーと同じで髪質によってはかかりにくい方がいらっしゃるので、そういった方のための保証サービスなんです。

気にしないで、お気軽にお電話下さい。

きっとどこの美容室でも同じように、きちんと対応頂けます。

左右のウェーブが違う

ショート~ミディアムあたりの長さのパーマで言われる内容ですが、人間の髪の毛って左右対称に生えてないんです。

一般的には左が前に向かって生えてて、右は後ろに向かって生えてます。

カットやパーマの時は、この毛流れを考慮して施術していきますが、完全に同じにはならないです。

なぜか?

髪ではなく毛穴の方向性が違うからです。

なので美容室でスタイリングしてもらった時は良い感じでも自分ですると左右違ってたりする理由はこれなんです。

美容室でのお仕上げの時に、スタイリングの方法やコツをお話ししながらブローをしたりしてますが、1回聞いただけでは正直難しいかもしれません。

なので、それ自体も慣れてほしいので出来なくて諦められるよりは、出来るようになるまでしっかりとサポートさせて頂きたいです。

本当に当てってない事もあります

美容師のキャリアにもよりますが、毛髪診断の時に見誤って上手くあてれていない場合ももちろんあります。

どれだけ年数を重ねていても、次回のご来店の時に前回のパーマの仕上がりや扱いやすさはどうだったのか?

結構心配してたりします。

なので、本当に気軽になんでも言って頂けることがありがたいです。

一人一人毛流れや髪質、ダメージや履歴等全員違う状態から、全く別人のスタイルを提示してその方の髪の成り立ちも違う中、同じような仕上がりにもっていきます。

美容師も正直ミスをすることもあります。

カット・カラー・パーマ等すべてにおいて完全完璧な人間はいないと思います。

なので、ちょっと気になることでも言ってもらえることが、美容師の成長にもつながってきます。

まとめ

お客様も気を使われて、うまく言い出しにくい方も多くいらっしゃると思います。

美容師はお客様との心理的な距離感を縮めたいと思っています。

その時々で一生懸命に自信をもってスタイルを提供させて頂いていますが、お客様の扱いやすさも気になるので、帰って自分でしてみてから、どうしてもやりにくいかな。

と感じた時は、お気軽いお電話ください。

お客様の好みがわかるいい機会だと思っています。

記事一覧