自分で染める市販のカラー剤の白髪染って傷むの?

なかなか外出が出来ない時や、美容室との予定が合わなくて白髪が目立って来ると気分まで落ち込んできますよね。

そんな時に市販の白髪染めカラー剤ってどうなんだろうと気になると思います。

わざわざ美容室に行かなくても、家で簡単にキレイになれば嬉しいですよね。

市販の白髪染めカラー剤にも商品によって染まるプロセスやダメージが違うので説明していきます。

クリームタイプのカラー剤

薬剤の特徴的には美容室のカラー剤と一番近いです。

根元の伸びた部分などにピンポイントで塗って時間を置きます。

メリットは塗りたいところにポイントで塗布できるのでダメージの範囲を抑えることが出来ます。

デメリットは美容室のカラー剤と違い、時間を置く程に濃く暗くなりやすく、自分での加減が難しい事があります。

暗くなりすぎると、白髪染めでの暗い色味は次の美容室でのカラーでも明るくならない事が多いので、明るめで白髪も染めたい方には少し注意が必要です。

また、クリームタイプは髪の内側が自分では塗りにくくムラになりやすいので、割り切ってお顔周りや表面の目につく所だけを塗る方が、美容室で綺麗に塗り直す時に直しやすいです。

泡タイプのカラー剤

市販のカラー剤で塗りやすく人気のカラー剤です。

メリットは泡タイプになっているので全体にムラなく塗りやすく、短時間で塗布出来る事です。

簡単に全体に揉みこむだけで出来るので、塗布時間があまりかからず時間の負担が少ないです。

デメリットはクリームタイプよりもダメージしやすく、色の発色も薄いので色落ちが早いです。

また毛先までの塗布になるので、ダメージを控える為に根元だけ塗りたいときには不向きです。

シャンプータイプのカラー剤

市販のヘアカラーで毎日のシャンプーをこのカラーシャンプーで洗うだけで少しづつ色味が足されていきます。

メリットはダメージしないで簡単に染めていけます。

毎日あらうシャンプーで染めていけるので、時間的な負担が特にありません。

カラー剤特有の嫌な臭いもなく仕上がりがキシ付きません。

デメリットは一日で染まらず、毎日の繰り返しで少しづつなので急いでいるときには不向きです。

黒髪を茶色などに明るく染めることは出来ないので、白髪隠しに使うイメージが近いです。

トリートメントタイプのカラー剤

市販のヘアカラー剤でシャンプーの後のトリートメントで染めるタイプです。

メリットは傷みやすく絡まりやすい髪の方でもトリートメントで補修しながら染めていけるので髪がサラサラになっていきます。

毎日のシャンプー後に使うので簡単に継続していけます。

デメリットは一回のトリートメントで染まる力は弱く、急いでいるときには不向きです。

既に今までのカラーで傷んでしまっていて、髪を休めたい方におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

市販の白髪染めのヘアカラー剤にもいろいろなタイプがあるので、自分の髪質とそうだんして急いで染めた方が良いのか、急いで無いので出来るだけダメージを抑えて自然に染めていくのか等決めて頂ければと思います。

クリームタイプも慣れれば自分でも綺麗に塗れますし、ご家族と一緒に塗り合っても楽しいと思います。

記事一覧