美容師がお気に入りのお客様に対してとる分りやすいサインとは

いつも行ってる美容室のスタイリストが、このサインに当てはまっていたら高確率でお気に入りのお客様です。

男女共に異性同性関係なく、個人的にお気に入りのお客様にとっているわかりやすいサインをご紹介していきます。

これを読んでいただいてるお客様で、ちょっとお気に入りの美容師が自分にこのサインをしてくれていたら次回からの美容室が楽しみですね。

忙しくてもスタイリストが進んでシャンプーをする

暇な日は出来るだけ担当スタイリストがシャンプーからカットやカラーも全部自分でやろうとします。

その方が仕上がりの細かい質感まで綺麗に出来るからです。

忙しい日は、空いてるスタッフやアシスタントにお願いして、お店全体が待ち時間を少なくスムーズに営業できるように対応していきます。

ただ、周りから見てても『今、このタイミングでシャンプーあなたがするの?』というタイミングで担当者がしてたりします。

お客様自身は気づかないかもしれませんが、お気に入りのお客様には全部自分でやりたがります。

周りから見てたらすごくわかりやすいです。

やたらと話をふってくる

お客様の中には静かに過ごしたい方もいらっしゃるとは思います。

会話が続いていても、やたらと美容師から話をふって来るときは、お気に入りのお客様で少しテンションが上がっているときかもしれません。

もともとずーっと話し続けるスタッフもいてますが、もし他のお客様を担当している時にあまり話さないの、自分の時にやたらと話しかけてくるならかなりお気に入りのお客様です。

施術時間が長い

メニューによっておおよその施術時間は決まっていて、それをもとに次のお客様の予約を段取りしたりします。

ホット○ッパーでもネット予約する時、メニューごとの『目安時間』が出ると思います。

お客様の時間の予定段取りもありますし、美容室の次のお客様の段取りもあります。

が、お気に入りのお客様を担当しているときの美容師は、そんなことお構いなしにずっと話し込んでます。

予定時間を過ぎることもざらにあります。

もし、やたらと時間が遅くなるようでしたらお気に入りのお客様の可能性が高いです。

お店に無いような細かいサービス

美容師がどこかに旅行に行った時のお土産や、お客様の喜びそうなちょっとしたものをプレゼントしたり、お店としてではなく個人的に用意したようなサービスをするようになります。

これは、リピーターの大切なお客様にもたまにしたりするので、男女としてのお気に入りだけではなく自分にとっても美容師として大切なお客様にするサインです。

お気に入りの客様には喜んで頂きたいですよね。

会話が自然に長続きする

初めてご来店のお客様や慣れていないお客様には、何を話そうか考えながら話し続けます。

お気に入りのお客様には、すごくどうでもいい話でも、自然とずっと話続けます。

美容室に行って、色々話した感じがするけど何は話したかほとんど覚えていない時などはこんな会話かも知れません。

前回のスタイル以外の事も覚えてる

個人的に興味が出てくると、スタイル以外の事も結構覚えていたりします。

話してる中での些細なことも意外と思えていたりするので、次回のご来店時に話がつながってきます。

特に顧客カルテなどで残していなくても、覚えていますがたまに記憶違いで間違ってることもあります。

インスタをやってるアピールからの相互フォロー

プライベートな会話からインスタに繋がって、最終的にアカウントで繋がろうとしてきます。

ながい付き合いのお客様はSNSでご予約いただくことも多いので、自然と交換することが多いです。

ここにかんしては、顧客として大切にしていきたい気持ちもあるので、美容師的にはお気に入りのお客様で長く担当させてほしいというサインになります。

あまりヘアスタイルのことを話さなくなる

次回のスタイル提案ぐらいはしますが、お客様もほとんどお任せ状態になってきてあまりスタイルのことを言わなくなってきます。

たまに今回はこんな感じにしたいと、ご希望などを言って来られますが基本担当の美容師に決めてほしい。

という雰囲気に変わって聞くるので、そもそもスタイルの会話をしなくなってきます。

プライベートな会話がほとんどです。

カラーやパーマの待ち時間も隙あらば話しかけてくる

薬剤を塗布した後はある程度の時間を待っていただきます。

その間はお客様に待っていただく時間になりますが、手が空いてる状態でしたらずっと話しかけてきます。

静かに過ごしたいときもあるとは思いますが、話をしたくてしたくてしょうがないのでしょう。

すごくヘアケアに親身になってくる

職業側、頭皮や髪質、ダメージやスタイリングの状態などをみてお店に無いような商品でも色々教えてくれるようになります。

お店の商品を売ろうとしているわけじゃなく、お店においてないけど髪質的におすすめできる商品があればおすすめしたくなります。

売上とか関係なく、良いものを知ってほしいしより良くなって欲しいとなってきます。

まとめ

いかがでしたか?

今までにされたことがあって、心当たりがあれば男女関係なく美容師的にお気に入りのお客様だった可能性がかなり高いです。

うまく付き合っていければ、いろいろ親身になってサービスや施術面もお得なことが多いと思います。

生理的に無理でなければ仲良くしてあげて下さい。

記事一覧