美容室でする別料金のトリートメントって本当に意味あるの?

美容室に行ったときによくすすめられるトリートメントメニューって本当に意味があるのか気になったことありません?

ネットで調べてもよくわからない。

人によっては『単価アップ』の為に必要ないものをさせてる。

なんてことを書いてる人もいます。

本当に意味があるか無いかをご説明していきます。

ぶっちゃけ意味あるの?

本音で言うと、『意味あります』です。

なぜなら、スタッフはみんな自分の髪にしてます。

だってすごくサラサラに綺麗になるから。

ぱさぱさが落ち着いて柔らかな手触りになって、巻きやすくなるしカラーの色もちも良くなるからです。

意味がない事はしません。

自分にもしようとしません。

売上の成績の為?

これ、よく言われますが『売上』は『結果』です。

営業職や売上に直結するお仕事の方はわかりやすいと思いますが、『売上』を追い続けてもお客様の為になりません。

お客様にも必要のない物は、進めても説得力が無いからです。

トリートメントは美容師からすすめなくても、髪がある程度以上傷んでる方にはご本人も必要かもと感じていると思います。

そういう方や、そもそもダメージをさせたくなくて綺麗な髪の状態でいたいお客様は、ご自分でご希望されます。

トリートメントに限らず、その時にカラーをした方が良ければカラーをおすすめします。

ご希望のデザインに必要であればパーマを、同じようにトリートメントが必要であればトリートメントをご提案します。

その時々でお客様に本当に必要なメニューをご提案して、『綺麗』になって喜んで頂けた『結果』が『売上』という数字の指標になっている結果論です。

身内には絶対にすすめます

売上とか結果とか関係なく、何の業種にも関わらず自分の親兄妹には本当に必要なモノを進めませんか?

損得では無くて、より良くなるためには何が必要で、した方が良い物はすすめると思います。

売上の為だとか、その人のためにならない様なことは身近な人ほど進めないですよね。

ヘッドスパが必要であれば身内であれば絶対に進めるし、トリートメントもします。

本当に必要かどうかは、そういった目線で見てみると分かります。

何のためにしてるの?

サロンでのトリートメントメニューの薬剤も種類が色々あって一概には言えませんが、カラーやパーマなどの薬剤のダメージを軽減してくれるトリートメント剤や、手触りを良くしてくれて長持ちするトリートメント剤、ボリュームやクセを落ち着けるトリートメントや、ツヤッツヤにしてくれるトリートメント剤等々、他にもいろいろあります。

サロンにもよりますが、おおよそ2~5種類程取り扱っています。

メニューや髪質、補修目的によって使い分けをしているので、気になる方は美容師に一度相談してみて下さい。

おすすめのトリートメントは

本当に個人的なおすすめですが、今までサロンで取り扱ったことのあるトリートメントで良かったものを3つランキングで言うと

1.トキオインカラミ トリートメント

2.ハホニコトリートメント

3.ディーセスリンケージトリートメント

がおすすめです。

トキオインカラミトリートメントは、持続力も良く手触りも重くならずにサラサラに柔らかくなります。

髪質に合わせて複数あるトリートメント剤を組み合わせて施術するので、どんな髪質でも必ず良くなります。

ハホニコはくせ毛やボリュームをおさえたい方には、絶対外せないトリートメントです。

ディーセスもつやつや感がすごく、重くならずに綺麗になるのですごく良かったです。

まとめ

トリートメントメニューもサロンによって種類が違うし、値段も違うので口コミや友達で何かのトリートメントメニューをしている方がいれば、評判などを聞いてみるのもいいかもですね。

本当に、意味のない物でしたら美容師も自分にしないし、実際に髪が綺麗な方は実際に皆さんと言っていいほどされています。

大切なのは、一度したからもうしないではあまり意味がなく、カラーやパーマをするときは必ず何かをして頂くと数か月~1年、数年後には全く違った髪の状態になっています。

無理のない範囲で良いので続けて頂いて、綺麗な状態でいて下さいね。

記事一覧